ロゴ

事故車が販売されている!リーズナブルに手に入れる術

HOME>レポート>販売店にある事故車は試し乗りするのが一番

販売店にある事故車は試し乗りするのが一番

車とお金

走行性能をチェック

一般的な相場より安値で販売されているため、予算を抑えて車を買いたい時は、事故車も魅力的になります。走行性能に支障がなければお買い得でもありますから、先ずは事故車に関して選定基準を知っておくことも大切です。特に事故車の良し悪しは車の直進性能に表れますから、気に入った販売車両を見付けたら試乗させてもらい、実際に運転して確かめてみましょう。通常の車は、ステアリングに力を加えない限り、直進中は真っ直ぐ進むようになっています。ですが、事故車によりましてはフレームの歪みなどから、直進するためにステアリングを操作しなければならない場合もあるため、その有無を必ずご確認ください。また、フェンダーやボンネットの境界線など、車全体の隙間やスリットを見て、均一な間隔を保っているかチェックするのもポイントです。

男性

見解の違いも押さえよう

事故を起こした車が事故車というのは一般的な認識ですが、中古車販売店では一概にそうとは限りません。原則的に販売店で事故車として取り扱われるのは、フレームを中心とした特定部位に修復歴がある車だけです。実際に事故を起こした車でも、その特定部位がノーダメージで修復を行っていなければ、事故歴車であっても事故車ではないという見解が成り立ちます。そして、店舗側は車を販売する際、修復歴の有無は客側へ知らせることになっていますが、事故歴の有無は告知義務がありません。そのため、プライスボードの表示も店舗ごとで差が見られ、良心的な店舗では修復歴がなくても事故歴を明記している場合があるのです。そこで、販売店で車を選ぶ時は事故車と事故歴車と修復歴の見解を押さえておき、店頭スタッフとの会話で混同しそうになった時は、入念に確認しておくと良いでしょう。